☆H29版☆【必読】神戸の高校の評判をどこで見るか緊急レポート

今回はこの教室HPへの検索キーワードによく出てくる、
「○○高校 評判」について、
いくつかのサイトをご紹介しながら書いていきますね。

その前にちょっとだけお断りを。
以下のサイトでも、他のところでも、「偏差値」がよく出てきますが、
模試運営会社・業者が2つ以上ある場合、
同じ生徒が別の模試を受けたとして同じ偏差値が出るとは限りません。
なので、「模試の運営会社・業者が明確に示されていない」サイトの偏差値は
「あくまでも参考程度に」ご覧になってください。

(個人的にですが、模試運営業者の名前が出ていない偏差値の数字は無意味だと考えています)

☆兵庫県高等学校一覧 – Wikipedia

(https://goo.gl/m65AFR)

いわゆる「口コミサイト」ではないものの、
多種多様な立場の方が編集するWikipediaは「情報の倉庫」です。
校風や設置年、学科・コース紹介などのほか、
学校がHPを設置していればそこへのリンクもあります。

あくまでも「一般の方が編集したもの」であり、
高校サイドからの公式情報ではないことにご注意ください。

ちなみに須磨翔風高校のページはこちら、
神戸市立須磨翔風高等学校 – Wikipedia

最近検索の多い神戸高塚高校はこちらです。
兵庫県立神戸高塚高校 – Wikipedia

☆みんなの高校情報

(https://www.minkou.jp/hischool/search/hyogo/)

入学した生徒の生の声を集めているサイトで、
ときおり保護者からの書き込みも見られます。
所在地(市や区)や私立・公立・国立、共学・男子・女子などで検索が可能。
ただ、あまりにも高すぎる、または低すぎる評価を受けている学校も
いくつかあることに注意が必要です。

こちらも須磨翔風高校・神戸高塚高校の口コミをご紹介しておきます。
神戸市立須磨翔風高校(兵庫県)の情報(偏差値・口コミなど) | みんなの高校情報
神戸高塚高校(兵庫県)の情報(偏差値・口コミなど) | みんなの高校情報

☆兵庫県私立中学高等学校連合会

(http://www.hyogo-shigaku.or.jp/chukoren/)

その名の通り、兵庫県内の私立中学・高校についてまとまっているところです。
受験生やご家族にとってうれしいのは、
各高校のコースや募集人数、試験や発表の日程
一度に閲覧できる点ですね。
数は少ないですが、大多数の私立高校が試験を実施する2月10日以外に
「1.5次」「2次」などの名称で募集をかけている高校も探せます。
もちろん各私立高校が運営しているサイトへのリンクもバッチリです。

☆高校選びならJS日本の学校

(https://school.js88.com/kodawari?type=22&area=28)

リンク先は兵庫県内の高校一覧へのものです。
在籍生徒数などの学校基本情報のほか、
部活動の在籍数(高校から情報がある場合のみ)や
実際の大学合格実績も過去3年分みられます。
卒業生の進路の比率(大学や短大、専門学校、就職など)も
円グラフで見やすくまとまっています。

こちらも須磨翔風高校・神戸高塚高校へのリンクを。
神戸市立須磨翔風高等学校の進学情報 | 高校選びならJS日本の学校
神戸高塚高等学校の進学情報 | 高校選びならJS日本の学校

 

お気づきかもしれませんが、
「偏差値」で検索して上位に来るサイトはあえて外しました。
同じような偏差値であっても模試が違えば出る偏差値の数値も違うことと、
偏差値が似通っていてもその高校の性格はかなり変わること、
この点を考えた場合、あくまでも「偏差値の情報は二の次」にして、
受験する本人のご性格や方向性、学びたいことを考え、
それに見合う高校を見つけることが最優先ではないか
と考えるからです。

兵庫県内で実施されている高校受験生向けの模擬試験は、

などがあり、その他大手学習塾が主催する塾内の模擬試験もあります。
各模擬試験の実施スケジュールを確認し、1つか2つの模試を数回ずつ受けてゆくのがいいでしょう。

そして何度も申し上げますが、
「Aの模試で出た成績・偏差値を、Bの模試の合格基準で見るのは無意味
ですので、くれぐれもご注意ください。

特に兵庫県は、特殊な例を除いて、
私立1校、公立1校(普通科・総合科の場合は複数志願あり)しか受験できませんから、
本当に納得して3年間通える高校選びをして欲しいと切に願っています。

この情報が皆様の高校選びのお役に立てれば幸いです。