「置き勉」が良くない3つのシンプルな理由

注:この記事は2015年6月4日に公開したものを再編集したものです。

学校のロッカーに教科書やワークを置いて帰る、いわゆる「置き勉」
これに関して私(代表)は常に大反対しています。

理由はいくつかありますが、シンプルに3つまとめましょう。

8360836890_8826a1063b

1. 自宅学習が出来ない

1番目にして最大の問題がこれです。
自宅で勉強しようと思っても、
ワークもない、教科書もない、プリントもない…では文字通りお手上げ
家の方が「勉強しなさい!宿題は!?」と言っても
「え~今持ってないし~」と気の抜けた返事をする姿が…
あ~…簡単に想像つきます(涙)

重いですが、めんどいですが、毎日毎回持ち帰り、
習った翌々日までにワークを終わらせておくのが結果的には楽なんです。

2. 先生からの評価が下がる

全員下校した教室を忘れ物がないか、先生が当番制でチェックするでしょうが、
その時に気合を入れて説明した・教えた問題やプリントが
机の中にまるごと押し込まれていたら…

先生側としてはかなりがっかりするでしょうねぇ。
場合によっては、
「あ、この生徒これを置いてった…
じゃあ明日ほんとに覚えてるか聞いてやろう」
勉強していないのを見越して質問が飛んでくるかもしれません。

そこでスラスラと答えられるのはよほど他でびっちり勉強している子。
大抵の子は慌てたりパニクったり頭が真っ白になったり…でしょう。

「自分は勉強しています!真面目にやってます!」の姿勢を見せるには、
出された課題やプリントを持ち帰り、丁寧に整理して、
そしてやれる範囲で自力で頑張ること、これが大事です。

3. テスト勉強が間に合わなくなる

「ワーク?テスト前だけ持って帰ってやればいいでしょ?」と言う返事が帰ってくるかもしれませんが、
テスト範囲の発表は早くても2週前、たいていは1週間前でしょう。
そこから範囲のワークを解いて、プリントを解いて…で
間に合うとは到底思えません。というか無理です。

部活が忙しくても、委員会があっても、大会があっても、
毎日ちょっとずつやるのが勉強です。
テスト前にぎゅうぎゅうに押し込んで頭に入るものじゃないです。

「え、一夜漬けすればいいし」と思ったそこのアナタ、
はっきり言います。

一夜漬けは無駄です。さっさと寝なさい。

一夜漬けするくらいなら目覚まし3つくらいかけて
早朝にやったほうがよほどいいですし、
それよりも毎日1問ずつでもワークを解いたほうが気楽で確実です。

もう一度言いますが、

一夜漬けするくらいならさっさと寝なさい。

一夜漬けで全部片付けるほど中学や高校、
それ以降の勉強や仕事は甘くないですよ。

やれることをやれるうちに。がんばってくださいませ。