参考書レビュー:田部の生物基礎をはじめからていねいに

個人的に高校生物基礎最強の参考書と思っているこれをご紹介します。

田部の生物基礎をはじめからていねいに (東進ブックス 名人の授業)
田部 眞哉
ナガセ
売り上げランキング: 1,208

おすすめポイントですが、

  • 図が大きくてきれい(フルカラー)
  • 解説が語り口調で読みやすい
  • 赤シート付属で要点チェックがすぐできる

点が大きいです。特に図についてはこれ以上大きく細かく説明されてる参考書はないでしょう。
免疫系(代表は割と生物得意でしたがこの辺苦手でした…)についてはマンガを交えてものすごく丁寧に図解されてます。

なので、もともと中学の頃から生物分野苦手だった!方の他にも、高校生物で覚えること多すぎてわけわからん!方にも向いてます。もちろんセンター試験(現高校1年からは大学入学共通テスト)にしか生物を使わない方にも超オススメです。

筆者(代表)はこれの前に出てた、

この本で「なんてわかりやすい!」と感動したものです。

ただ生物基礎・生物と分かれて以降、習う内容・順番に大変化があった(遺伝は生物基礎では習いません)ので、今現在は「基礎がつかない生物」を勉強する場合に限りこの本は使えます。
(理科の場合、特に化学と生物は基礎科目ができる前と後で内容が大きく変わっていますので、古い参考書を使う場合は細心の注意を払ってください。)

以上、専門外ではありますが生物の参考書レビューでした~。


算数と数学の教室うぃるでは教室生を募集中です。
特に小学生の方を大募集しています!
お問合わせは
電話:080-4025-4736(代表の携帯につながります)
または078-783-1156(代表自宅)
メールフォーム こちら

までどうぞ!

お問い合わせ

お問い合わせフォーム