【神戸版】私立高校の選び方

10月に入りまして、もう中間テストが終わった学校も多いようです。
テスト結果に一喜一憂するところですが、3年生は特に高校選びが直前に控えているので、それを考えて授業にも勉強にも前向きに取り組みたいとこですよね。

さてじゃあその私立高校、いったいどんなふうに選べばいいんでしょうね?
実は、神戸の私立高校の選び方って、パターンがものすごく少ないんです。

その理由を含めて、今回は【私立高校をどう選べばいいか】のお話をしていきます。

☆神戸の私立高校選びを慎重にする理由

兵庫県に住み続けている方は大して気にならないかもしれないのですが、県外から来た私(代表)にとっては「私立高校が1校しか選べない」のは衝撃でした。
なぜかというと、私の出身地愛知県は私立を3校まで受験できるから。

2次募集などの特殊な例を除き、「私立は1校しか選べない」ので、
公立を受けない、または受験が残念な結果だった場合、その私立に進学することになります。
また、ほとんどの学校は2月10日が試験日で、それ以外の募集がごく少数であることも注意が必要です。

参考→2017年度 私立高等学校入試出願状況(共学校)

二次募集をする高校もあるにはありますが、募集は「若干名」なので期待はしないほうがいいです。

☆私立高校を選ぶポイント

では、私立高校を選ぶときのポイントをご紹介します。

  1. 私立専願か、公立も受ける併願か
    毎年よく質問をいただく問題です。
    私立を受験する場合「合格したら必ず進学する」専願と、「公立に合格したら辞退することができる」併願の2通りの受け方があります。
    専願は「必ず進学しなければならない」のを条件として、各高校とも併願よりは合格しやすいようになっています。
    ただ、「絶対に合格できる」とは限らないので注意が必要ですし、なによりそこに進学するのが決定事項となるので、「ここに3年間通う」ことに納得できる学校を選ばないといけません。
    併願の場合、公立も受験はできますが、専願より合格点は高めとなります。上位公立校(長田、神戸、兵庫、星陵など)の相手校になる滝川第二や須磨学園のトップクラスはかなり熾烈な闘いになりますし、公立普通科校の相手になるところも油断は全くできません。
    また、兵庫県にはいわゆる「私立推薦」の制度がないことにも注意が必要です(学校により、専願を「推薦」と呼んでいるところもあります)。加えて、他都道府県の一部で行われている「確約」(学校や模試の成績により受験前に合格の約束をもらえる)の制度もありません。注意してください。
  2. 付属校か、進学校か、専門学科か
    私立は学校により、大学の付属や「高大連携」などにより、ある程度大学への進学が約束されている高校と、完全に実力勝負で大学受験をしなければならない高校があります。
    もしも習い事などで大学受験の勉強をできるだけ負担のないものにしたいなら、おすすめは付属校です。その際、ゆくゆく自分が勉強したい学部学科がある大学の付属であることを確認しておきましょう。
    神戸の場合、啓明学院高校は関西学院大学へほぼ全員が、神戸学院大学附属高校は神戸学院大学へ約半数が進学しています。他校も系列大学への進学は多いですが、どれくらいの割合で進学しているかはオープンハイスクールなどで聞いておくのがおすすめです。
    進学校の場合、学校内で勉学面に関してかなり鍛えられることを覚悟しておかないといけません。高校によりますが、1時間目の前に0時間目があったり、授業が午後8時まであることはそう珍しくないことです。鍛えられ具合は学校とその中のコースによりけりですが、本気で大学を目指す同級生と競い合う環境が刺激になるタイプにはうってつけでしょう。
    また、普通科以外の専門学科を選ぶ場合、工業(神戸村野工業など)、商業(神戸星城など)、家庭(神戸常盤など)などのコースから自分に合うところを探すことになります。専門学科の場合、卒業後は指定校推薦で大学へ行く道専門学校への進学、また就職など進路が分かれます。
    できれば、大学へ行きたいかそうでないかは、中学のうちにぼんやりとでも考えておくのがいいでしょう。神戸星城高校のように、商業科でありながら大学進学前提で勉強を進めていく高校も存在します。
  3. 共学か、男子校か、女子校か
    全国的に男子校・女子校は共学化されることが多くなっては来ましたが、他地域に比べて比較的女子校が多く残っているのが神戸の特徴でもあります。伝統ある女子校はOGの層も厚く、進学や就職でその縦のつながりが生きる場合も多いので、女子はこれを検討材料として使うのがいいでしょう。
    近年共学化されたのは、育英・神戸野田などがあり、特に育英は女子の受け入れを始めたことから人気が急上昇しました。野田も女子のみだったキャリアコースが総合進学コースとなり、芸術系なども含めた多彩な進路への対応を始めています。

というわけで、神戸での私立高校の選び方は「そこへ進学する可能性がとても高い」事を考え、オープンハイスクールや学校案内などを十分に吟味した上で慎重に選ぶことをおすすめします。どちらにせよ、そこへ3年間通い、自信を持って「母校だ」といえる学校選びをしていただけるのを願ってやみません。

 


教室では教室生を募集中です。
特に中学2年、高校2年を大募集しています!
お問合わせは
電話:080-4025-4736(代表の携帯につながります)
または078-783-1156(代表自宅)

メール:こちら、またはこちらのメールフォームからどうぞ!

兵庫県の高校入試の仕組み(おさらい)

注:この記事は2015年1月7日に公開したものを再編集したものです。

By: Clayton Shonkwiler

さて12月に入ります、私立高校入試まで2ヶ月、公立高校入試まで3ヶ月ほどとなりました。
いちおうそれぞれの入試についてか~んたんに復習しておきますね。

☆私立高校入試☆

「専願」と「併願」の2種類の方法どちらかで受験します。
専願の場合、その高校に合格したら「必ず進学する」という約束で受けるので、
合格したら辞退できません。
その代わり合格点が低めに設定されているなど、
併願より受かりやすくなっています。
併願の場合はその学校以外(主に公立)も受験でき、
公立校に合格した場合入学を辞退できます。

学校によっては、コースごとに専願か併願か決められるところもあります
(滝川第二高校など)。

☆公立高校入試☆

By: Hungju Lu

算数と数学の教室うぃるのある旧神戸第3学区は
「新第一学区」として、
神戸市全域、芦屋市、淡路島全域を含む学区になりました。

普通科・単位制普通科・総合学科は
この学区内で第一志望・第二志望の2校までを出願でき、
1回の試験と中3の2学期の通知表の成績により合否が決まります。

≪兵庫県の高校入試内申点の求め方≫

兵庫県の公立入試で使われる内申点は、
(英・数・国・理・社の通知表の合計)×4

+(音楽・技術家庭・美術・保健体育の通知表の合計)×7.5
の式で求められます。

オール5で250点、オール4で200点、オール3で150点です。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

新第1学区内の普通科・総合科高校を目指す場合、
少なくとも150は取っていないと
非常に受験が厳しくなります。
中学側から受験に難色を示されることも多いです。

また当日点は、
英数国理社各科目100点満点を2で割った250点満点です。
これと内申点250点満点を合わせて、
500点満点で合否が決まります
また、第1志望の学校には、
25点が加算して計算され合格が決まります。
(新第一学区の場合)

例:星陵高校を第1志望、北須磨高校を第2志望とする場合で、
内申点200点、当日点180点の場合
星陵高校→200+180+25=405点で合否判定。
北須磨高校→200+180=380点で合否判定。

第2志望の方は点数が厳しくなるため、
できるだけ余裕を持った学校選びが必要です。

公立の受験校選びが終わった方も、
まだまだこれからの方も参考になさってください!

高校数学の計算練習のガイドライン

注:この記事は2015年6月24日に書いたものを再編集したものです。

小学校の間は「計算ドリル」、
中学に入ると「ワーク」と呼ばれる学校指定の問題集がありますが、
高校数学の計算練習…となると事情が変わってきます。

animal_study_neko
http://www.irasutoya.com/2014/05/blog-post_405.html

教科書を出版している会社(啓林館、東京書籍など)は
高校の学校用問題集も出版してはいますが、
これは残念ながら個人で買うことは出来ません
(同じく私たち塾講師も買えません。まれにヤフオクに出ていることもありますが…)

なので、高校数学の計算を鍛える場合は、

  • 学校指定の問題集(傍用問題集)を使いまくる
  • 自分のレベルや目標にあった市販の問題集を買う

のどちらか、場合によっては両方を進めるのがよいです。
今回は、レベル別に使える計算問題集をご紹介します。

☆易しめの問題を数多く解きたい場合

おすすめはカルキュールシリーズです。

難易度の幅は広く、易しいものから一通り解いていけます。
計算練習にほぼ特化している問題集なので、
「単純ミスが多い」「途中でつまづいてしまう」場合に有効です。
基礎力が十分にあり、計算ミスも少ない生徒の場合は不向きです。

☆どうせなら計算テクニックを鍛えたい

合格る計算(うかるけいさん)をおすすめします。

合格る計算 数学I・A・II・B (シグマベスト)
広瀬 和之
文英堂
売り上げランキング: 3,801

2014年に改定され、新課程対応になりました。
こちらは問題数は少ないのですが、
「どう解いていくのが効率的か」の説明が懇切丁寧に書かれています。
計算は何とかできるが、時間がかかって仕方ない!場合にオススメです。

また、

数学の計算革命 (駿台受験シリーズ)
清 史弘
駿台文庫
売り上げランキング: 138,164

こちらは、手早く正確な計算をするために、どんな技術を使うか理解シて練習するのに向いています。できれば書店で中身を確かめて買うか決めるといいでしょう。

☆超基本からていねいに解いていきたい場合

ひとつひとつわかりやすく」「とってもやさしい」「やさしい数学ノート」シリーズが使いやすいです。

もともと数学が得意でない場合、または学び直しに使いたい場合にも有効です。
それぞれ構成に特徴があり、実際に書店で見て見比べて買うのがいいでしょう。
当教室では主に「やさしい数学ノート」シリーズをおすすめしています。

☆大学入試にすぐ使える計算問題を解きたい

「入試数学基礎演習」にチャレンジしてみましょう。

タイトルに基礎とありますが、あくまでも「入試問題の」基礎なので、
教科書レベルの数学は一通り理解できていないときついです。
中堅どころの大学入試に実際使われた問題ばかりなので、
実践力の養成にはもってこいです。

特に問題集は個々人に合う・合わないが出やすいものなので、
できるだけ書店で実物を見て買うのをおすすめします。

中学数学問題集の選び方情報をざっくりまとめてみました

今回は、数学の問題集の選び方について、何に注意すればいいのかをさくっとまとめました。
Calc

1. 再優先は学校ワーク

どの中学校でも学校で配布された(購入した)問題集があるはずです。
通称「ワーク」と呼ばれることが多いあれですね。
中学のテストは教科書とこのワークから範囲が指定されることが多いので、
まず学校ワークを勉強し、それにプラスしてやるならば…ということを
必ず考えに入れておきましょう。

2. 「解く本人が」選ぶことが大切!

保護者の方が心配するあまりに先に買って本人にお渡しして…
そしてご本人は余りやらない、よくあるパターンです。
問題を解くのは中学生であるご本人なので、できる限りご一緒に書店に行き、
「これなら7~80%解けるかな」というものを選ぶのがオススメです。
購入と同時に、1日にどれだけ進めるか
(大問いくつか、何ページか、など)を決めておくことも大切です。

ネット書店などで買う場合はレビューを参考にしたり、
参考書のレビューサイトを見比べるのも良いと思います。

3. 直接書く?ノートに解く?

数学があまり得意でない生徒さんの場合、
書き込み式の問題集のほうが進めやすいことが多いです。

中2数学をひとつひとつわかりやすく。―新学習指導要領対応
永見 利幸
学研マーケティング
売り上げランキング: 32,158

この2つのシリーズは例題の説明がていねいで問題数も多くないので、
数学が苦手な方にオススメです。

いろいろな問題に数多く当たりたい!場合は、ノートに解くことを前提に、

中2数学 新装版 (中学ニューコース問題集)
学研プラス
売り上げランキング: 158,176

このような少し難し目のものに当たるのがいいです。
出来たかどうかのチェックを問題集にメモすることをお忘れなく。

4. ワークより簡単な問題が必要な場合

学校ワークも難しくてすすめられない!場合は、上でご紹介した
くもんの中学基礎がため100%やひとつひとつわかりやすくのほか、
教科書準拠(教科書の内容に沿った内容)のものも検討するといいです。
代表は「教科書ワーク」ですね。

中学教科書ワーク 啓林館版 未来へひろがる数学 2年
文 理
売り上げランキング: 139,914

ここでの注意は「必ず教科書の出版社に合ったものを買うこと」
啓林館、東京書籍、学校図書…などなどありますので、
今使っている教科書を確認しておきましょう。
書店の場合、その地域で使われている教科書一覧表が掲示されているので、
それも確かめておくといいです。

5. 解答解説がわかりやすいものを選ぼう!

問題集を選ぶときは、問題だけでなく、
必ず解答解説を読んで、それがわかりやすいものを選ぶことも重要です。
それぞれ解説がかなりあっさりなもの、途中計算がていねいなもの、など
特徴が分かれています。
とくご本人が見て「わかりやすい」と感じるものを探してみるのがいいです。

6. 数学が苦手なら例題の多いものを!

苦手な数学なのに説明もなく問題ばかり…!だとしたら
それはご本人にとってはかなりの苦行です。
例題が解き方をていねいに説明してあり、
それに似た問題を真似して解いていくタイプのものがオススメです。
くもんの中学基礎がため100%ひとつひとつわかりやすくはこのタイプですね。

7. 数学を得点源にするなら

数学は割と得意で、できるかぎり得点を稼ぎたい!という場合は、
発展内容や入試レベルの問題集にチャレンジするのがやはりオススメです。

2017年受験用 全国高校入試問題正解 数学
旺文社
売り上げランキング: 2,315

いま中3ならば、日本全国の入試問題が集まったこれにあたってみると、
習っている・習ってきた内容がどのように出題されるかも見られます。
当然今現在では習っていない分野もありますので、
習っていて解ける範囲のものに挑戦するのがいいでしょう。

高校入試合格BON!数学―参考書&問題集 (高校入試合格BON! 2)
学研教育出版
売り上げランキング: 16,031

いきなり受験レベルは…という場合は、3年分の範囲がまとめられたこちらを。

高校入試 最高水準問題集 数学
文英堂
売り上げランキング: 15,554

公立トップ校や私立難関狙いならこちらもいいですね。

以上、非常にざっくりまとめました。
ご参考にどうぞ!

算数と数学の教室うぃるです

神戸市にある、「算数と数学の教室 うぃる」です。
算数や数学が苦手なお子さんを対象に、
指導経験15年以上の代表夫婦が自ら指導します。
「算数や数学をどうにかしたい!」子たち、大歓迎ですよ♪


対象学年:☆小1~高3・高卒生で、算数・数学が苦手な方
基礎から数学をやりなおしたい高校生・高卒生の方

中学受験を目指す小学生の方もご相談ください。
(試験前やわからない問題があるときは、
他教科も対応いたします)

 メニュー
うぃるの特徴 教室の場所と日時
講師紹介 入会までの流れ
体験入会のご案内 授業料のご案内
よくあるご質問 お問い合せフォーム
教室ブログ

☆お問い合わせは

電話:078-783-1156(森川)
(または→080-4025-4736(代表携帯))
メール:こちら、またはこちらのコンタクトフォームからどうぞで

毎週月・水・金曜日17時~21時開講!
お試し入会のご案内はこちらです。

 

算数と数学の教室うぃる
代表 森川めぐみ